なぜ給油時にはエンジンを切らないといけないの?

なぜ給油時にはエンジンを切らないといけないの?

なぜ給油時にはエンジンを切らないといけないの?

法律で決められている『給油中のエンジン停止』


危険物の規制に関する政令第27条6項1のロ
●「自動車等に給油するときは、自動車等の原動機を停止させること」

このように給油中は、「自動車等の原動機」つまりエンジンを切ることが法律で決まっています。この法律は消防法なので、危険物を取り扱うガソリンスタンドに対する法律ですが、利用者(一般ユーザー)である私たちも、この法律が決められている理由を知るなら、安全のためにもエンジンをオフにすることができるでしょう。


そもそもなぜ、給油中はエンジンを停止しないといけないの?


では、なぜ給油中にはエンジン停止をしなくてはならないのでしょうか?
それは、ガソリンが気化しやすく、引火しやすいものだからです。
タバコを吸いながら給油といった行為は非常に危険なので絶対に避けてください。

また、よくある例として、ATを『Dレンジ』に入れたままサイドブレーキだけを引いていた場合、サイドブレーキがゆるんで給油中に誤発進してしまい、給油ホースが抜けてしまうという事故です。抜けたホースからガソリンが周囲にまき散らされ、そこに火気が加わったら、悲惨な大事故につながりかねません。

このような『事故』を発生させないためにも、給油中は必ずエンジンを止めるようにしましょう。


大田原石油店は岡山県、和気町の『和気SS』と吉永の『アビッソ21』、赤磐の24時間営業『セルフ山陽SS』の三つの『出光ガソリンスタンド』を展開しており、給油、自動車リース・自動車販売・レンタカー、車検、カーコーティング、板金塗装、オイル・タイヤ交換などを行っています。私たちは確かな「技術」と最高の「笑顔」で、地域密着型の車のトータルアドバイザーを目指します。

ただいま、ガソリンスタンド・スタッフを募集中です! 車好きな方、接客が好きな方、一緒に楽しく働きませんか?
詳細は下記のボタンからご確認いただけます。

採用情報ページ

自動車リース

自動車販売

カーコーティング

出光クレジットカードまいどプラス

燃料販売

燃料販売

フォームでのお問い合わせ

お見積り依頼やご相談・ご質問は
お問い合わせフォームをご活用ください。

お電話でのお問い合わせ

お急ぎの方や詳しく話を聞きたい方は
お電話ください。

086-229-3041

受付時間:24時間対応!!

大田原石油店 カーセンサー