なぜガソリンの値段はよく変わるの?

なぜガソリンの値段はよく変わるの?

なぜガソリンの値段はよく変わるの?

ガソリンの値段はどうやって決まるのでしょう


ガソリンは、原油から精製されています。ですから原油価格の動向に大きく左右されてしまうのです。

では、ガソリンの値段が変動する理由を見ていきたいと思います。

需要と供給


需要: ガソリンは自動車燃料として消費されることが多いため、自動車の販売台数や行楽シーズンの天候、景気動向に左右されます。

供給: 近年では海外からガソリンそのものも輸入されるようになってきましたが、日本ではガソリンは輸入原油を精製して作られることが多いため、原油価格の動向や輸入量、輸入の値段や為替の動向が供給要因として大きく影響します。

値動き変動原因


1: 原油価格: ガソリンの原料である原油価格の動向が大きく影響します。原油価格はOPEC(石油輸出国機構)等産油国の生産動向や、国際紛争、景気動向に左右されます。

2: 天候要因: 行楽シーズンの天候が良いと、自動車に乗って出かける人が多くなるため、ガソリンの需要が伸びる傾向があります。

3: 国内需要: 国内での製油工場による生産調整、在庫水準などが国内のガソリン価格に影響します。

4: 元売りの販売姿勢: ガソリンの元売りの販売姿勢がガソリンの価格を左右します。

5: 政策的要因: 石油製品は様々な法規制によって価格・流通面での規制がありますが、日本の国策としての政策によりガソリン価格が変動することもあります。

6: 他の石油製品との連動制: 原油から作られる、他の製品(灯油など)との製造比率の変動により、ガソリンの供給が変動して価格に影響します。

7: 為替の動向: 国内のほとんどの原油を輸入に頼っている日本は、為替動向にとても左右されます。

8: 技術革新: 低燃費車、電気自動車の普及は、今後のガソリン消費量に影響を与える可能性があり、それに伴ってガソリンの値段も変化していくでしょう。

9: 競合店の有無: その地域に競合店がどのくらいあるかが、価格の変動に影響します。


ガソリンの価格を確認したい時は、お気軽にお問合せ下さい!!

大田原石油店は岡山県、和気町の『和気SS』と吉永の『アビッソ21』、赤磐の24時間営業『セルフ山陽SS』の三つの『出光ガソリンスタンド』を展開しており、給油、自動車リース・自動車販売・レンタカー、車検、カーコーティング、板金塗装、オイル・タイヤ交換などを行っています。私たちは確かな「技術」と最高の「笑顔」で、地域密着型の車のトータルアドバイザーを目指します。

ただいま、ガソリンスタンド・スタッフを募集中です! 車好きな方、接客が好きな方、一緒に楽しく働きませんか?
詳細は下記のボタンからご確認いただけます。

採用情報ページ

自動車リース

自動車販売

カーコーティング

出光クレジットカードまいどプラス

燃料販売

燃料販売

フォームでのお問い合わせ

お見積り依頼やご相談・ご質問は
お問い合わせフォームをご活用ください。

お電話でのお問い合わせ

お急ぎの方や詳しく話を聞きたい方は
お電話ください。

086-229-3041

受付時間:24時間対応!!

大田原石油店 カーセンサー