【前編】独自理論のキーパーコーティング(カーコーティング)

【前編】独自理論のキーパーコーティング(カーコーティング)

【前編】独自理論のキーパーコーティング(カーコーティング)

キーパーはカーコーティングに独自理論を持っている


大田原石油店は5700店舗を超えるキーパープロショップの一店舗として、お客様から信頼を寄せて頂いています。
キーパープロショップでは独自理論をもとにカーコーティングを施工させて頂いておりますが、この記事ではキーパープロショップの独自理論をお伝えさせて頂きます。(前編)

カーコーティングが汚れから愛車を守る


塗装の一番の大敵はなんだと思いますか? それは 紫外線です。
キーパーでは『自然界の数十倍の紫外線を均一に塗装板に連続照射し、何年分の紫外線で塗装劣化するか』調べる、(財)塗装検査協会のウエザーサンシャインメーターという塗装の耐久試験を行っています。
その結果、標準的な黒色の塗装はカーコーティングをしないと3年から3年半で塗装の劣化が始まることがわかり、カーコーティングを施せば、この紫外線からの劣化を阻止することが明らかになりました。

このことから、キーパーではカーコーティングの事を『犠牲被膜』と呼んでいます。
紫外線がカーコーティングに当たると、車体に当たる前に拡散しますから、その結果としてカーコーティングが車体の身代わりとして紫外線で傷ついていきますので、 被膜の下にある愛車が傷つかないですむのです。

開発・テスト・実践のサイクルで良い商品を生むのがキーパー


キーパーブランドのケミカル製品は、他社さんでよくある『委託工場で作って、自社ラベルを貼っただけ』のものではありません。
キーパーブランドでは、開発会社『KeePer技研(株)』があり、 独自のケミカル製品を開発する化学研究室、新しい洗車・カーコーティングの技術を生み出す技術開発部、実践現場である『KeePer Labo』が三位一体となる開発体制を築きました。

キーパーは大変に手間のかかる開発をしていますが、この三位一体のサイクルが確立されているからこそ、キーパーコーティングは非常に高い独自性と性能、使いやすさを備えることができたのです。

大田原石油店は岡山県、和気町の『和気SS』と吉永の『アビッソ21』、赤磐の24時間営業『セルフ山陽SS』の三つの『出光ガソリンスタンド』を展開しており、給油、自動車リース・自動車販売・レンタカー、車検、カーコーティング、板金塗装、オイル・タイヤ交換などを行っています。私たちは確かな「技術」と最高の「笑顔」で、地域密着型の車のトータルアドバイザーを目指します。

ただいま、ガソリンスタンド・スタッフを募集中です! 車好きな方、接客が好きな方、一緒に楽しく働きませんか?
詳細は下記のボタンからご確認いただけます。

採用情報ページ

自動車リース

自動車販売

カーコーティング

出光クレジットカードまいどプラス

燃料販売

燃料販売

フォームでのお問い合わせ

お見積り依頼やご相談・ご質問は
お問い合わせフォームをご活用ください。

お電話でのお問い合わせ

お急ぎの方や詳しく話を聞きたい方は
お電話ください。

086-229-3041

受付時間:24時間対応!!

大田原石油店 カーセンサー